「飲酒コントロール〜50代から意識が高まる適量飲酒」

酒飲み1000人に聞く「酒飲みのミカタ」。今回のテーマは、「飲酒コントロール〜休肝日を実施していますか」です。ヘビーユーザーにとってはお酒を嗜むことはごく日常のことで、飲まないで一日を過ごすことには理由が必要だろうと思います。過度な飲酒を長く続けると健康に悪い影響を与えるので、誰もが適量飲酒を守りたいはずです。つきつめて言えば適量にとどめるには一回当たりの飲む量を制限するか、飲む頻度を抑制するかのどちらかです。アルコール健康医学協会では一日の摂取アルコールの適量を日本酒換算で2合(ビールなら1L)として、週に2日程度は飲まない日を設けることを提唱しています(週単位で考えれば、日本酒なら1升、ビール類なら5L程度が適量です)。

適量飲酒を守れている人は全体の半分
まずはじめに、飲むときの平均的な飲酒量を聞いてみました。全体ではアルコール健康医学協会が推奨する定量までの人が53%で、少し飲みすぎとなる定量の1.5倍までの人が29%、1.5倍を超えている人が18%でした。つまり回答者の約半数は、医学的には少し飲みすぎの傾向となりました(図 法

20150601.png


続いて飲む日数はどうなのかということで休肝日(意識的に酒類を飲まない日)を実施しているかを聞いてみました。「週に2日以上実施」が30%、「週に1日実施」が18%でしたが、「全く実施していない」人も42%いました(図)。

20150602.png


念のため、休肝日以外に適量飲酒のために心がけていることはありますかと聞いたところ、半数以上の方がYESと答えたのが「飲む量や酔い加減を守る」で55%。以下、「酔った勢いでさらに飲むようなことをしない」25%、「一気飲みは絶対にしない」が24%あがりましたが、それ以外は具体的な心がけとして出てくるものはありませんでした。

50代は飲酒量セーブよりも休肝日を選ぶ
適量飲酒への対応を年齢別に分析すると50代が飲酒量は多いものの健康を考えて休肝日を実施するターニングポイントだという傾向が浮かびあがりました。40代までは、飲酒量もそこそこで、休肝日の実施率も低く、自分の問題としてとらえている比率も低いことが伺えます。これが50代になると飲酒量では適量の1.5倍超の層が25%と最も高くなりますが、一方で週2日以上の休肝日の実施率も43%と高く、毎日飲む人も25%とかなり下がっていました。これが60代以上になると飲酒量1.5倍超の層は13%まで下がります。そのかわりに休肝日を考えずに毎日飲む人も55%と最も高くなっていました(図)。

20150603.png


体力的にもまだ飲める50代のときには、ほろ酔いにとどまる飲酒量セーブではなく休肝日を決めることで飲みすぎを防止しようとしている姿が伺えます。

休肝日作りは適量飲酒への第一歩か
休肝日をはじめた理由を聞いたところ、「健康維持のため」61%と予防的な意味ではじめた人が多いようです。より具体的な理由としては「医師や家族のすすめ」「高血圧や糖尿病予防のため」「酒に弱くなったと実感した」「ダイエットのため」が2割強ずつあがりました(図ぁ法

20150604.png


このあたりの考え方を特に休肝日を実施している人の多い50代の適量以上飲んでいる人たちの具体的な声で見ると、「若いころは浴びるように毎日飲んでいた。あるときこのままでは長生きできないと言われてその言葉が素直に受け入れられたので、週1日の休肝日からはじめ、徐々に増やして現在は休肝日が年200日です。そのかわりに飲む日は昔と変わらないくらい飲みます。」「依存症になりたくないので、2年前からそれを確認するために休肝日をはじめた。月に10日は絶対に飲みません。飲むときは量も時間も気にしません。」「15年前に痛風を発症してから、社外と飲む酒はビールに限定するようにした。結果として飲みすぎないようになった。」「半年前に酔いが早くまわるようになったと感じて週1日の休肝日をはじめた。また飲み過ぎ防止のため余分なお酒は家に置かないようにした。」「50代になったころから翌日酒が残るようになったので週2回休肝日をつくるようにした」「人間ドックの数値が悪くなってきたので1年前から週に2〜3日は休肝日。休肝日の日は懇親会があっても運転する用事があるといって帰宅する。」
参考までに以下は休肝日ではなく適量を守ることを選んだ50代の意見です。「健康診断でやむをえず休肝日をはじめたが、数値も改善し体調も良くなった。今は適量を厳守するかわりに毎日飲んでいる」「血液検査の結果がかなり悪かったので、毎日飲むかわりに適量を日本酒1合と定め厳守している。」「毎日飲んでいるが、飲み終わる時間を早くするようにした。今は飲んでも当日中に入浴就寝している」などの報告がありました。

普及するか、飲酒の途中でノンアルビール
また最近かなり定着してきたノンアルコール飲料は、適量飲酒を守るための代替品になっているかにも興味があったので、利用状況も聞いてみました。ノンアルコールビールの飲用経験率は全体の73%で直近半年以内に限った飲用経験でも48%と約半数が飲んだことがあると答えていました。飲用経験者に理由を尋ねたところ、「アウトドアのときや運転の予定があるなどアルコールを飲めないとき」が48%と圧倒的ですが、「適量コントロールのために酒類を飲みながら飲んだ」も13%となりました。ノンアルコールビールのユーザーは非酒ドリンカーへの広がりも中心のようですが、飲める人間からみたノンアルコールビールの選択理由は、一味違うもののようです。

■調査概要
調査時期2015年6月5日(金)〜2015年6月8日(月)
調査対象酒文化研究所の酒好きモニター(N=1672)
有効回答177(回答率11%)
調査方法インターネットによる自記入式アンケート調査

2015年07月02日 16:34