ワイングラスでおいしい日本酒アワード2011結果発表!

110221_1.jpg
このコンテストは、ワイングラスで日本酒を飲むスタイルを提案すること、「若者」「洋食」「「海外」という3つの境界を超えて日本酒が広がることを目指しています。たくさんの方々から趣旨にご賛同をいただき、初めての試みながら188社の蔵元から、338点ものエントリーを頂戴することができました。

写真:審査員集合写真

2月16日に厳正な審査をおこない、別紙のとおり最高金賞11点(入賞率3.3%)、金賞104点(30.8%)を選考しました。内訳は最高金賞が、食中酒部門クラス1(720ml1300円以下かつ1800ml2500円以下)の5点(5/138点)と食中酒部門クラス2(クラス1に該当しないもの)6点(6/146点) 。残念ながら乾杯酒部門(発泡性の日本酒)は該当なし。金賞は乾杯酒部門が13点(13/54点)、食中酒部門クラス1が45点(45/138点)、食中酒部門クラス2が46点(46/146点)です。

詳しいリストはこちらから。

テイスティングは日本酒の大吟醸用に開発されたリーデル大吟醸グラスでおこないました。ブラインドで7段階で評価し、審査員の平均スコアが高かったものが決勝審査に進出、再度、チェックして最高金賞・金賞を決定しました。

審査員:石川雄章/日本醸造協会、小倉尚登/蠑倉、小島稔/衫通情報企画、坂口貴洋/蟶筝、島崎令子/大学生向けフリーマガジン『Lily』編集長、庄司大輔/RSN JAPAN蝓高橋利郎/日本酒造組合中央会、津久浦慶明/コンタツ蝓∨楷崋/蟇田屋、前田真理/フリーアナウンサー/女性限定日本酒の会「ぽん女会」、松崎晴雄/日本酒ジャーナリスト、向井畝津子/ソムリエ、山田聡昭/蠎鯤顕集Φ羹蝓∋核寨了/酒・食ジャーナリスト 以上14名(五十音順)
主催:WGOアワード2011実行委員会
実行委員:コンタツ蝓↓蟶官此↓蠎鯤顕集Φ羹蝓辰馬本家酒造蝓⊃裕ぜ鯊き蝓↓衫通情報企画
協賛:RNS JAPAN(リーデル・ジャパン)
後援:日本酒造組合中央会

110221_2.jpg
一次審査の様子

110221_3.jpg
結晶審査の様子

2011年02月21日 01:50