YESは1/3ロンドンにちなんだ酒は少ない

 7月末から始まるロンドンオリンピック。あちらこちらでオリンピックの話題が盛り上がる。テレビ観戦しながらともに興奮し感動するわけだが、その際に楽しみたいお酒や料理は何がある?が今回のテーマ。
 「オリンピックのテレビ観戦になにか工夫した料理やお酒を選びたいですか?」の質問に対し「YES」が34%、「NO」が66%。属性別に見ると、飲酒頻度が高い人ほど「YES」が多い。年代別では30代がもっとも高く20代が案外低い。しかしこれは、回答者の20代の飲酒頻度(週に3日以上飲用者)がそれ以上の世代よりも10%以上少なかったことによるもので、年代に関係なく飲酒頻度が高い人ほど何か工夫したいと考えているようだ(図表1)。
 「YES」の回答者に、「それはどんな料理(お酒)ですか」と問うたところ、「ビール」(42%)が圧倒的に多く、「ワイン・シャンパン」(22%)、「日本酒」(13%)が続いた(図表2)。
 ビールが多いのは、みんなで気軽に飲める、アルコール度数が低いから酔いも浅いというのが多数の意見。つまみも季節柄か枝豆やビールに合うポテトや揚げ物、手軽に食べられるスナック類が多くあげられている。
 なお、開催国であるイギリスに関連した酒をあげていた人は5名にとどまった。最初にそれらを紹介し、以下具体的な意見をみてみよう。
●英国にちなんでギネス・ジントニック
「英国開催ですからギネスビールですね。これしか浮かびません」(男性50代)
「サッカーやバスケの観戦にはやっぱりビールかな。ギネスと鰊のスモークなんかがあれば最高ですね」(男性40代)
「フラーズESB(英国ビール)」(男性40代)
「エールかロンドンドライジン(カクテルベースに)」(男性50代)
「先頃フィーバーツリーというキナを使ったトニックウォーターを日本でもみつけたので“本格的ロンドンジントニック”で観戦します」(男性50代)
●気軽に飲むならビール
「暑い時期なのでギンギンに冷えたビールは最高にうまい、暑い時できるだけ調理場には立ちたくないので、枝豆と寿司は夏の最高のごちそうです」(男性30代)
「たくさん飲めて、応援に気合が入るからビールです。つまみは、あっさりと野菜スティックに塩で十分です」(女性30代)
「ビールです。気軽に飲めて、酔いも浅いので、観戦しながら飲むのに自分には一番あっています。ふだんなら日本酒なのですが、酔っ払うとせっかくのオリンピック観戦が台無しになるので」(男性40代)
「スポーツ観戦はいつもビールです。幼いころ、家族で野球を見に行ったとき両親がビールを飲んでいた記憶があり、私もビールです。おつまみはベーコン、サラミ、サラダ、チーズなどで」(女性30代)
●盛り上げるにはワイン・シャンパン
「具体的な銘柄は決まっていませんが、気分をあげるため、少しリッチにワインを予定しています。それに合うようなパンとディップをつくる予定です」(女性20代)
「スパークリングワインを用意します。闘っている姿を見つつ、勝利の美酒を自分達も体感しようと思いまして」(女性30代)
「ワインとカナッペやピンチョスなど、冷めてもおいしくて少しずつ食べるようなものがいい」(女性30代)
「シャンパン。開ける時から盛り上がるので」(女性30代)
「キリっとした、辛口の赤ワイン。料理はチーズやカナッペ。理由は手軽で、興奮しても家を汚さないので」(男性50代)
●爽やかな日本酒を飲みながら
「日本酒と豆腐サラダです。チビチビ食べながらチビチビ飲みます」(女性20代)
「夏場だし、ひんやり感のある爽やかなお酒、日本酒ならソーダ割りやスパークリング酒のロックが良いです。おつまみは手軽に食べたいので、カナッペ、サンドイッチみたいに一口でつまめると良いです」(男性40代)
「テレビでの長時間観戦にはビールより日本酒です。ビールはトイレに行きたくなります。お料理は冷めてもおいしい料理を食卓に並べます。手羽の甘辛煮で冷酒なんて美味しそう」(女性50代)
●じっくりおいしさを味わいながら見る
 オリンピックに限らず、テレビを長時間見るときのお薦めの飲み物(ノンアル含む)、やはりトップは「ビール」で3割弱を占め、「ワイン」、「焼酎」、「日本酒」、「ウイスキー」が各1割で続く。いずれもほどよい酔い加減、長時間おいしさを損なわず、じっくり味わえる等の理由があげられており、テレビ鑑賞をより楽しむツールになっている。代表的な意見は次のとおり。
「ビールをちびちび飲むことが多いです。他の酒だと酔いが回ってしまうので、ビールくらいがちょうどいいです」(男性40代)
「映画を観るときは、赤ワインがおすすめです。じっくりと余韻を楽しみながら飲むワインはさらにおいしさを堪能できます」(女性30代)
「ワイン。なるべく動きたくないので、常温でも美味しいお酒(冷蔵庫を行ったり来たりしなくていいから)と、それにあう料理を用意します」(女性30代)
「焼酎のオンザロック。アルコール度数が適当であり、ビールのようにお腹が張らず、トイレの心配も少ないため」(男性50代)
「焼酎。割るもので味と濃さを変えられるため」(男性30代)
「フルーティーな吟醸酒。ゆっくり味わえ、長時間のテレビ観戦にマッチしている」(男性20代)
「日本酒。飲む量がビールに比べると少ないので、頻繁にトイレにいかなくていいから」(女性30代)
「長時間という条件から考えられるのは、思いっきりおいしいシングルモルトのウイスキーをチビチビと、という飲み方です」(男性60代以上)
「程よく溶けた氷とウイスキーがマッチするので、じっくりとテレビを見たいときはロック」(女性40代)■

2012年06月実施